ミニマルな写真整理とは?

先日、写真整理セミナーに参加してきました。というのも、「整理収納アドバイザー2級講座」を受講した際に、講座を見学されている方がいらっしゃったんです。その方は、「整理収納アドバイザー1級」を取得され、「整理収納アドバイザー2級認定講師」に合格されたばかりの方でした。そこで、ちらっと「写真整理もしています。」ということを耳にしたのがきっかけでした。

断捨離は1度実行していたものの、写真整理は手つかずだったわたし。どうにかしたいと思いつつ、どうしていいのか、途方に暮れていたちょうどその時、「写真整理をしている」という言葉は、ぐっと心を動かされました。早速帰宅してから、その方のHPを探し出し、セミナー(2時間)に申し込むことにしました。

①家にある紙媒体の写真をかき集めよう!

写真整理セミナーに参加するにあたり、「できるだけ多くスキャンしたいモノを持ってきてください!」とのセミナー講師の言葉があり、家じゅうを探し回り、写真をかき集めました。その数、200枚弱。

①´家にある子供の作品をかき集めよう!

セミナー講師に「200枚程度しかないのですが、大丈夫でしょうか?」とお聞きすると、「写真だけじゃなくてもいいですよ。書類や子供の作品などありませんか?」という返事。これまた家じゅうを探し回り、子供の作品をかき集めました。その数、約150枚。

②時系列に並べよう!

講師から指示があったわけではないのですが、

裸で保管されていた写真はもちろんのこと、ポケットブックに差し込んでいた写真をすべて出し、時系列に並べました。

なぜかというと・・・

スキャンすると取り込んだ写真データの日付は取り込み日になってしまうからです!スキャンしてから並び替えるよりも、紙媒体で並び変えた方がわかりやすいのです!

デジカメで撮った写真やスマートフォンで撮った写真を整理するときにも、フォルダに日付を入れたりすると時系列に並ぶのでとてもわかりやすいですよね?

写真を集めたら、並び替えです!

③スキャンしよう!

スキャナーもいろいろありますが、スキャナーの選択が必要です。

自宅にあるスキャナーはコピー機・プリンタ機の機能を持つ複合機。データ化したくても面倒すぎて、やろう!という気が起きないんです!

まず家にあるものをすべてデータ化しようとすると膨大な量になるかと思います。そういうときは、連続してスキャンしてくれる機器を選ぶとよいですね。

今回わたしは時間内にすべてデータ化したかったので、講師がお持ちのScanSnap iX500を使用しました。速いです。これとても速くてびっくりです。

もし、すでにデータ化が進んでおり、都度増える写真や書類等をスキャンするという用途であれば、ScanSnap iX100を使用するといいかもしれません。こちらもデモとして実機の動きを確認しました。ミニマムかつ軽量で、思ったよりも速くい優れモノでした。スマートフォンとwifiで連携できるのも便利です。データ化したい書類って出先でみたいことが多いので、直接スマートフォンに取り込めるのは素晴らしい!(これとてもほしいです・・・)

1度データ化してしまうとiX500はあまり活躍しないかもしれません。

他にもSV600という機種もあります。こちらはアルバムに貼ったままの写真を撮るスキャンできるものです。今回わたしはアルバムではなく、子供の作品をスキャンしました。機械の中に通せないようなモノは机に置いたままスキャンできるこちらが便利です。

④フォトブックにしよう!

データ化した写真や作品は、全部PCやHDDに入れておくだけではもったいないです。せっかくデータ化したのに、死蔵されてしまう可能性大です。かく言うわたしも完全に死蔵してしまっています。

ですので、フォトブックにするのがよいと思っています!データ化した写真や作品を厳選してフォトブックにし、家族の誰でも見れるところに置いておくとよいかと思います。やはり、写真も誰かに見てもらうのがうれしいと思うんです。(早く実践せねば!)

フォトブックは今はいろいろな種類があるので、自分の生活スタイルに合ったモノを選ぶとよいですね。わたしは自宅が広くないこともあり、文庫本サイズでフォトブックにできるサービスを選ぼうと思っています!フォトブックにしたときには改めて記事にします!






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です