洗濯の動線を短くする収納

せっかちなのに、根っからのずぼらなぼだぼだです。

我が家は2LDKのマンションで夫婦と子供の3人で暮らしています。2LDKなので、あまり広くはありません。その為、どうにかミニマルにシンプルに生活できるよう日々改善に向けて頭を働かせています。

今回はそんな我が家の洗濯の動線を紹介したいと思います!

洗濯機〜物干し〜畳んでからの収納

こちらが浴室横に設置している洗濯機です。(夫が独り暮らしをしていた頃からのモノなので、だいぶ古いです・・・汗)

ここで洗濯したものを、まずはその場で4種類に仕分け。

  • タオル、ハンカチ類
  • 大人の服(ハンガー掛けのモノ)
  • 子の服(ハンガー掛けのモノ)
  • 他、小物類(洗濯ばさみで干す類のモノ)

子の服は、洗濯機上の突っ張り棒に下がっているハンガーに掛けます。このまま物干しに持っていって掛けるだけなのでその場でやるのが楽です。(大人の服もやりたいところですが、突っ張り棒が耐えきれないので断念・・・)

仕分けした洗濯物を、真後ろに方向転換して直進した室内で物干しに持っていき、干しています。

干し方にも少々こだわりがあり、乾いた時に収納する種類別・人別の順番で並ぶように干します。そうすると、端から順に取り込めば、分類された状態で取り込めるんです!(あ、誰でもやってたらスミマセン。。。)

夫にお願いすると、手に取った順に干す為、あっちこっちに散らばっていて後がやりにくいんです。やってくれるのは本当に助かるのですがね・・・汗

取り込んだらココ↓に置いて畳みます!ココは、洗濯機に向かって右側の作業台スペースです。

どさっと置いて、上から順に畳んでいきます。(どさっと置くので、若干順番が崩れる時がありますが、誤差の範囲です。笑)作業台スペースの下は家族3人分の服の収納ボックス で、洗面台の下はタオル類の収納なので、畳みながら収納ボックスにインしていきます。

畳みからの収納を、場所を移動せずにできるのがメリットです!また、浴室がすぐ横なので、入浴後の服の準備がいらないのも楽です!

さいごに

スーツやアウターなどは、別のウォークインクローゼットに収納していますが、普段使いもの達は全てココに収まっているので、動線を考えると、作業台スペース下に収納を持ってきたのは正解でした!以前は物干しの部屋に収納をしていたので、すごく楽になったと夫からは高評価です!

ちなみに、作業台スペースの右側は、パソコンスペースへと続いていおり、その奥の白壁の隣にある部屋に物干しがあります。ほぼほぼ一直線で動線短いです!

それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です